河川法

当サイトおすすめ2級建設機械施工技士テキスト&問題集

建設機械施工技士検定テキスト


建設機械施工技士検定問題集 


もくじ

河川法(以下「法」という)は、河川の洪水、高潮等による災害の防止や、河川が適正に利用され、流水の正常な機能の維持および河川環境の整備と保全がされるよう総合的に管理することにより、国土の保全と開発に寄与し、公共の安全を保持し、公共の福祉を増進することを目的としたものである(法第1条)

河川の区分と河川管理者

河川の定義

河川の定義
(  )級河川と(  )級河川をいう

「一級河川」
国土保全上または国民経済上特に重要な水系で政令で指定された全国で109(平成27年6月22日付官報)の一級水系のうち、(  )大臣が指定したもの言う。

「二級河川」
一級河川に指定されたもの以外の水系の河川で、公共の利害に重要な関係があるとして(  )知事が指定したもの言う

このほかに「準用河川」とは、一級河川および二級河川以外の河川で市町村長が(  )したものいう


河川工事と河川管理施設

河川工事 

河川管理施設