③点検・整備(ショベル系建設機械)

当サイトおすすめ2級建設機械施工技士テキスト&問題集

建設機械施工技士検定テキスト


建設機械施工技士検定問題集 


もくじ

一般的注意事項

試験にも出る箇所。建設機械施工技術検定テキスト要確認

点検・整備の内容は、点検、調整、給油脂など。

点検・整備は指定された(   )時間または日数で実施する。
②オイル点検給油は、(   )な場所で実施する。
③補給オイルは同一(   )の同一品質のものを使用し、全量交換でも同じものを利用が望ましい。
④給油口やグリースニップルを十分清掃し、(   )の混入を防ぐ。
⑤油量は、適量範囲になるように(   )する。
⑥油量点検は、エンジンを停止(   )分以上経過して行う。
点検・整備中は、(   )装置は接地されておく。
⑧(   )回転中は、点検・整備も行わない。
点検・整備修理中は、運転席に注意札をかけ、(   )は抜いておく。
点検・整備中は(   )厳禁とする。不凍液の原液も引火性があるので十分注意する。
⑪エンジン停止直後は、(   )等蓋を開けると、高温の液や作業油が飛散し、危険
⑫エンジン停止直後は、高温になっているので(   )や排気管に触れないようにする。
⑬(   )系統の整備時は、ショートを防止するためバッテリの端子をはずしてから行う。