工事測量

2級建設機械施工技士テキスト&問題集

建設機械施工技士検定テキスト


建設機械施工技士検定問題集 


もくじ

基本杭および用地杭の確認と再設置

測量の基本は距離と角度と高さである
工事現場での測量は工事目的物を作るための測量である

基本杭および用地杭の確認と再設置

工事開始前に用地杭を確認し、必要に応じて(   )する

1中心線測量
(  )や(   )の中心線、河川等の(  )を定める測量をいう

2縦断測量
(   は)を測定し、(  )面図を作る測量をいう

3横断測量
地盤高の(  )差を測定し、、(  )図を作る測量をいう

2施工高および用地幅の決定

3仮水準点(仮B・M)の設置

管理水準点は風雨や地盤の影響で(  )することはないようにする

仮水準点の選定
工事区域以外の基礎などで見通しやすい場所のもの
工事区域以外の岩盤
(  )に設置した大型の杭(できればコンクリートで固定)

4距離測量

(  )または(   )を図る測量

5角測量

方法 テキストの説明、ポイントの記入
単側法       
反復法       
トラバース測量       

6水準測量

直接水準測量
(  )儀と標尺を用いて直接高低差を求める方法

間接水準測量
(   )と(  )距離を測定し、計算によって間接的に求める方法

水準測量の注意点
固い(  )にレベルを水平になるように立てる
(   )はスタッフのほぼ中間に設置する
スタッフは( )本使用することが多い
スタッフはゆっくり進前後に(  )することにより最小の読みとなる時が垂直である

7測量器械の調整

トランシットや(   )測量前に(  )しておく

8平板測量

現地において直接(   )上に作図する方法

9GNSS測量

スポンサードリンク

DIYに最適!ヨーロッパ発インテリアパーツ輸入

【ハーフェレジャパン】



ワーキングウェア№1

アウトドアも!スポーツも!ワークマンがいい!