施工計画

施工計画の基本

設計図書に基づいて所定の工事期間内に品質の良いものを経済的にかつ環境に配慮し安全に施工する方法を計画する

施工計画の立案方針

設計図書
寸法、品質等が示される
施工方法についてはまず示されていない

施工用仮設備は 仕様書で規定し、発注者の承諾必要

施工計画
施工者が技術と経験で工事を検討、立案、実施する

施工計画立案時に留意すること

テキスト見て説明、ポイント等の記入
 常に(  )、新工法技術を採用心構え
 理論、新工法を(  )して現場に合致した大局的な判断が必要
 全社的な高度の技術水準で行う
 必要に応じて研究機関から技術指導
 経済的な(  )を探すことも重要
 代案を作り、経済性も含めて長所、短所を比較検討して最適な計画を立案

日程計画

工事に要する実稼働日数は、作業可能日数より少ないか、同じになるように計画する

作業可能日数  (  )よる日数-定休日、天候その他の作業不可能日数

作業可能日数は現地の自然条件を十分調査し工事の技術的特性を考慮して算出

1日平均施工量 1時間平均施工量×1日平均作業時間

施工速度の種類

種類           テキスト見て説明、ポイント等の記入
最大施工速度   1時間当たりの最大施工速度
(  )施工速度 上記に(  )管理の正常損失時間加えて計算したもの   
(  )施工速度 上記+悪天候等損失時間加味で工程計画の基準速度 

施工計画立案のための事前調査

仮設備計画

調達計画

現場管理組織計画

実行予算と原価管理