機械の維持と記録

当サイトおすすめ2級建設機械施工技士テキスト&問題集

建設機械施工技士検定テキスト


建設機械施工技士検定問題集 


もくじ

整備の概念

建設機械を(  )的に活用するためには、現場における機械の使用条件、環境などを十分認識し、適正な点検、整備を行う

運転中は繰返し衝撃や荷重による摩擦など機械的作用が加わる。一定の使用時間を(  )すると、機能の喪失や破壊がおこる。その時間は、異なる各部分、それぞれ固有の時間があり、これを構成各部の「(  )時間」という。


特定自主検査

特定自主検査の実施

自主検査
年次検査(特定自主検査)
月次検査(月次検査)
作業開始前点検

特定自主検査制度
車両系建設機械を使用する事業者に対して、年次の特定(  )検査については一定の資格のある者(事業内検査者(1・2級建設機械施工技士を含む)または検査業者)に行わせ、検査を終了した機械には、検査標章を貼付する義務がある。

検査事項

特定自主検査を行ったときは、次の事項を記録して( )年間保存しなければならない。
①検査年月日
②検査方法(検査機器を使用した時の検査機器の名称等を含む)
③検査箇所
④検査の結果
⑤検査を実施した者の氏名
⑥検査の結果に基づいて補修等の措置を講じたときは、その内容(補修箇所、補修日時、補修の方法および部品の取替えの状況等を含む)