振動規制法

当サイトおすすめ2級建設機械施工技士テキスト&問題集

建設機械施工技士検定テキスト


建設機械施工技士検定問題集 


もくじ

法の目的と定義

法の目的


建設工事振動に関する規制

振動規制地域の指定

特定建設作業の種類

建設作業のうち、著しい振動を発生する作業であって、政令で定めるものを「特定建設作業」として規制している政令で定めているのは次の4種類である

①(  )打機、くい抜機、くい打くい抜機を使用する作業

②鋼球を使用する建築物等の(  )作業

③舗装版(  )機を使用する作業

④ブレーカを使用する作業

特定建設作業の届出

指定地域内において特定建設作業を伴う建設工事を施工しようとするものは、特定建設作業の開始の(  )日前までに、所定の事項を市町村長に(  )出なければならない
この届出の手続きは、騒音規制法の場合と同様

表9.11-1参照


粉じんの規制

粉じん発生施設